歯科医師紹|宮城県 仙台市周辺で精密な部分入れ歯・総入れ歯を検討中でしたら、宮城入れ歯・義歯外来まで

宮城県 仙台市周辺で入れ歯を検討中なら
入れ歯・義歯外来まで

佐藤歯科矯正歯科醫院
佐藤歯科矯正歯科醫院
情報
医院ブログ
医院ブログ
「歯の矯正」とこどもの歯医者さん
院長
院長-佐藤孝明
相馬市M・S様

佐藤歯科矯正歯科醫院 
院長 佐藤 孝明 (さとう たかあき)

........................................................
〈略歴〉
昭和 53年 神奈川歯科大学 歯学部卒業
昭和 55年 佐藤歯科矯正歯科醫院 開業
........................................................
〈所属研修会等〉
・IPSG包括歯科医療研修会
  会員歴:20年以上
  IPSG認定医療機関
・IFOCS国際機能矯正臨床研究会
  認定医療機関(平成26年取得)
........................................................
〈主な治療〉
一般歯科:40年以上
ドイツ式入れ歯治療:30年以上
矯正歴:25年以上

院長への3つの質問
院長への3つの質問
この3つの質問についてお話できればと思います!
Q1 ドイツ式入れ歯をやってきて良かったと思うことは?

歯科治療で大切なポイントは2つあると私は思います。1つ目は治療が安心・安全であること、2つ目は治療後の管理が簡単なことだと思います。
入れ歯治療はこの2点をカバーできます。大きな手術もないので安心・安全に治療が行えます。また、入れ歯は取り外しができるので、ご自身での管理が簡単ですし、万が一、入れ歯が壊れた場合でも修理が出来ますので管理が簡単に行えます。
私のこういった考えから、30年間ドイツ式入れ歯を行ってきて良かったと想っています。
Q2 治療に際して気を配っていることは?

きちんと悩みをお聞きし、その悩みを解決するようにしていることだと思います。ただし、必ずしもご要望と理想的な状態にする治療が一致しない場合もあります。そういった場合には、患者様のご要望と理想的な治療法の“いいあんばい”で治療法をご提案させていただくようにします。
Q3 院長にとって最も学んでいるスタディグループIPSGとは?

私にとってスタディグループIPSGとは一言でいうと『出会い』だったと思います。
初めてIPSGの勉強会に参加したとき、直感でそう思いました。この出会いにより、これから必ず患者様に快適に過ごしていただける入れ歯治療ができると確信しました。それから、釈迦利器(しゃかりき)になって当医院で行う入れ歯治療を勉強し、今では入れ歯治療はもちろん、入れ歯を作る技工室まで作り、20年間、当医院の入れ歯診療をさせていただいております。
非常勤-間宮千鶴

佐藤歯科矯正歯科醫院
歯科医師 間宮 千鶴 (まみや ちづる)

........................................................
〈略歴〉
平成 19年3月 昭和大学 歯学部卒業
平成 19年4月 東北大学病院総合診療科 研修
平成 20年4月 医療法人社団 秀峰会
        稲葉歯科医院 勤務
平成 30年4月 佐藤歯科矯正歯科医院 勤務
........................................................
〈所属研修会等〉
IPSG包括歯科医療研修会
  IPSG認定医療機関
・IFOCS国際機能矯正臨床研究会
  認定医療機関(平成26年取得)
........................................................

非常勤-佐藤孝仁
相馬市M・S様

佐藤歯科矯正歯科醫院
医療法人社団 秀峰会 稲葉歯科医院
歯科医師 佐藤 孝仁 (さとう たかひと)

........................................................
〈略歴〉
平成 23年3月 昭和大学 歯学部卒業
平成 23年4月 東北大学病院総合診療科 研修
平成 24年4月 医療法人社団 秀峰会
        稲葉歯科医院 勤務
........................................................
〈研修会・学会〉
IPSG包括歯科医療研修会 理事
  会員歴11年 (平成30年現在)
  IPSG認定医療機関
・IFOCS国際機能矯正臨床研究会
  認定医療機関(平成26年取得)
・日本顎咬合学会 認定医
........................................................

〈学会発表、その他講演〉(平成30年3月時点)
・平成27年 日本顎咬合学会 関東支部の若手登竜門選抜
 『咬合からアプローチした顎関節症分類Ⅲb・Ⅳ型への対応』の講演発表
・平成28年6月11日    第34回 日本学咬合学会 学術大会
 『咬合からアプローチしたⅡ型顎関節症の1症例』のポスター発表
・平成28年8月28日、11月6日 “熊本震災チャリティーセミナー”
 『すべての欠損症例に対するテレスコープシステムの世界』の講演
・平成28年11月20日 日本顎咬合学会 関東支部の若手登竜門選抜
 『テレスコープシステムにて咬合再構成を行った1症例』の講演発表
・平成28年11月23日 IPSG包括歯科医療研修会 講師
『Follow Up Meeting in Nagoya “”シンプルなKaVo咬合器の使い方“』
・平成29年6月10、11日 第35回 日本顎咬合学会 学術大会
 日本顎咬合学会の学会発表 優秀賞受賞
 『顎関節症分類Ⅲb・Ⅳ型への補綴的対応』のポスター発表
 『テレスコープ義歯を用いた咬合再構成』の講演発表
・平成29年8月5、6日・10月28、29日 IPSG包括歯科医療研修会 講師
 『基礎から学ぶ咬合・パーシャルデンチャー(ドイツ式入れ歯) 2days』の講演
など他多数

※IPSGをもっと詳しく知りたい方はこちら

IPGS
電車でお越しの方 お車でお越しの方 情報 医院ブログ 医院ブログ 「歯の矯正」とこどもの歯医者さん