よくある質問・お悩み|宮城県 仙台市周辺で精密な部分入れ歯・総入れ歯を検討中でしたら、宮城入れ歯・義歯外来まで

宮城県 仙台市周辺で入れ歯を検討中なら
入れ歯・義歯外来まで

佐藤歯科矯正歯科醫院
佐藤歯科矯正歯科醫院
情報
医院ブログ
医院ブログ
「歯の矯正」とこどもの歯医者さん
よくある質問とお悩みへの10の回答
1.保険適応の入れ歯とこちらの歯科医院での入れ歯の違いはなんですか?

 保険適応の入れ歯はバネ式の入れ歯ですが、保険適応外の入れ歯には多くの種類があります。数多くある入れ歯のなかで当医院は医療先進国ドイツのテレスコープシステムによる入れ歯を採用しております。
 長持ちし、見た目もきれいな入れ歯にするのは、機能性や審美性に優れた入れ歯でなくてはいけません。多くの入れ歯治療を学んできましたが、私の経験上、テレスコープシステムによる入れ歯がこの二つの性質をきちんと持ち合わせています。一方、保険の入れ歯は良く噛めない、外れやすい、歯が痛む、バネが見えるといった機能性、審美性に欠ける所が多くございます。

保険の入れ歯について

当医院の部分入れ歯”のページで詳しく、当医院の入れ歯の説明と保険適応の入れ歯のバネの弊害についてご説明していますのでご覧ください。

2.30代・40代と若くして入れ歯になってしまったのですが、これからどうしたらいいでしょうか?

 失ってしまわれたものは仕方ありませんので、これからは1本も歯を失わない様にしていくことが大切だと思います。歯を失ってしまった原因にもよるのですが、残った歯を大切にするためにこれからはきちんと虫歯や歯周病予防を第一に考えると良いと思います。そして、失った部分に関しては必ず入れ歯治療もしくはインプラント治療をなさってください。なぜなら、仕事をしたり子育てをしたりとまだまだ働かなくてはいけない年齢でもありますので、きちんと食べて栄養を取り、体を健康に保たなければいけないからです。
 インプラント治療は当医院では行っていませんが、虫歯・歯周病予防はもちろん、歯をきちんと残せて綺麗な口元を取り戻せる入れ歯治療を取り入れておりますのでどうぞご相談ください。
 また、“30代・40代の入れ歯”のページも参考になると思いますのでご覧ください。

3.金具(バネ)の付いた入れ歯に抵抗があります。目立たない気づかれない入れ歯はありませんか?

 保険適応、保険適応外問わず金具(バネ)が付いている入れ歯がございますが、当医院の行っている医療先進国ドイツのテレスコープシステムによる義歯はいっさい金具(バネ)は付いておりません。金具(バネ)は審美的のも良くありませんし、金具(バネ)をかけた歯が悪くなってしまいます。そのため、当医院では歯を残すといった面、見た目も綺麗という面でも優れた入れ歯治療をさせていただいております。
当医院の部分入れ歯”のページで詳しく、当医院の入れ歯の説明と入れ歯のバネの弊害についてご説明していますのでご覧ください。

4.差し歯(ブリッジ)か入れ歯にするかで悩んでいます、どちらがいいのでしょうか?

 ご存じかと思いますが、差し歯(ブリッジ)はお固定式で、入れ歯は可撤式といって取り外すことが出来ます。
 固定式の方が楽だからいいとおっしゃる方が多くいらしゃいますが、一つ欠点を上げるとしたら、ご自身でのケアが難しいということだと思います。その点を改善するために、当医院の場合、差し歯(ブリッジ)に出来る様な歯の残り方の場合は、取り外しが出来る可撤式ブリッジをおすすめしております。見た目も差し歯(ブリッジ)とほぼ変わらなく、清掃性もよく管理がしやすいので、こちらの方をおすすめすることがございます。

インプラント治療と入れ歯治療で悩んでいます、どちらがいいと思いますか?

 インプラン治療と入れ歯治療で悩まれているということは、インプラント治療に何かしらの不安を感じていらっしゃるのかと思います。多少でも不安を感じられている場合は、まず入れ歯治療をおすすめ致します。その不安を解消しないまま、インプラント治療をしてしまうと、その不安を抱えたまま生活なさることになってしまいます。
 インプラント治療は確かにすばらしい治療法ですが、歯周病があったり喫煙していたり、お体に病気(高血圧や糖尿病、骨粗しょう症など)がある場合や今後その可能性がある場合、ご自身でのケアはもちろん歯科医院でのケアをしっかりとなさらないと後々トラブルのもとになってしまいます。
 お口のケアの管理に自信がない方は、まず入れ歯治療をなさった後、それでも満足できない場合はインプラント治療にするといったステップを踏んで治療なさるとよいかと思います。

接客業や営業といった仕事をしているので入れ歯治療中でも歯が無いのは困ります…

 接客業や営業といった仕事をなさっている方に限らず、入れ歯治療中に歯が無い状態はとてもお困りになると思います。当医院では、最終的な入れ歯を入れるまでに、仮歯(仮の入れ歯)をきちんと入れますので、噛めない、歯が無くて口を開けると恥ずかしいといったことがないようにさせていただいておりますのでご安心ください。

色々な歯科医院で入れ歯をいっぱい作ったのですが、何度調整しても合わなく痛みがとれません…

 過去に色々と入れ歯を作った、調整しても調整しても痛みが取れない、そういうお悩みは本当によく伺います。安定しない入れ歯は噛んだ時に入れ歯がずれてしまい痛みがでますので、安定しない入れ歯をいくら調整してもあちこちに痛みは続きます。食べるときずれてしまう入れ歯ですと、調整をしてもまた違うところが痛くなるため、何度調整しても痛みは続きます。
 当医院で行っている医療先進国ドイツのテレスコープシステムによる治療は当医院のホームページ内のよくある入れ歯相談【4】をみていただければお分かりかと思いますが、何でも食べられるくらい安定した入れ歯です。このような入れ歯ですと、咬んだ時痛いと感じられたとしても、そこを多少調整させていただければ楽になります。それはやはり、食べたときに入れ歯がずれないからです。

入れ歯にしてから、歯が抜けたり合わなくなったりする度に作り変えるのが苦痛です…

 一般的な入れ歯ですと入れ歯を支えている歯に過度な負担がかかってしまうため、支えている歯から抜けてきてしまいます。また、支えていた歯が抜けてしまうと新しく入れ歯を作り変えなくてはいけなくなります。
 (※質問1の絵:支えている歯にバネによりカンヌキのような力が加わり弱くなります)
一方、当医院の入れ歯治療は基本的に修理をしながら長く使用して頂くような設計になっておりますので、歯が抜けるようなことがあったとしても入れ歯を修理しながら長くお使いいただけます。
 また、1つの入れ歯を修理しながら長くお使いいただくものだと考えておりますので、ドイツ式入れ歯を作る技工士の先生を常勤しておりまして、基本的に入れ歯作製から修理といったすべての過程を当医院で行えます。

入れ歯安定剤(接着剤)を使用しているのですが、できれば気持ち悪いので使いたくないです…

 現在、入れ歯安定剤(接着剤)を使用なさっているということは、食事や会話で入れ歯が外れやすいとかズレやすいということだと思います。
 要するに、食事や会話の際も、安定した入れ歯にすることができれば安定剤(接着剤)を使わなくてすむようになります。バネのかかった入れ歯ですと、どうしても入れ歯は安定しませし、総入れ歯の方だと入れ歯と歯茎の間に空気が入り、外れたりずれたりしてしまいます。
 当医院の医療先進国ドイツのテレスコープシステムによる入れ歯はとても安定がよく、噛んだ時にずれたり浮いたりということはほぼありません。そのため、入れ歯安定剤(接着剤)を使用いたしません。もし、長くお使いいただいている中で、歯茎が痩せてしまい入れ歯と合わなくなってしまった場合でも、入れ歯安定剤(接着剤)を使わなくてもお使いいただけるように修理させていただきますのでご安心ください。

お友達と旅行がしたいのですが、就寝中はやはり入れ歯を外さなくてはいけないのでしょうか?

 結論から先に申しますと、夜も付けて就寝されて結構です。医療先進国ドイツのテレスコープシステムによる入れ歯はお口の中で安定致しますので、寝ているときも入れ歯がずれて入れ歯を支えている歯を悪くすることはございません。一方、保険適応や適応外の入れ歯でもバネの付いている入れ歯ははずさなくてはいけないかと思います。
 当医院の入れ歯の場合、入れ歯を外す時は基本的に歯を磨くときだけですので、お友達とご旅行されても皆さんに入れ歯だと気づかれることはほとんどないかと思います。

入れ歯に関するご相談メールはこちら
診療日
診療日
電車でお越しの方 お車でお越しの方 情報 医院ブログ 医院ブログ 「歯の矯正」とこどもの歯医者さん